読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

バナナパパのバナナ

本格的にブログに飽きてきました。はてなブログを開く度に頭痛がします。黒歴史がどうとかもうどうでもいい感じがしてきます。早いとこ老衰で死にたいっていうか、パイズリ挟射した瞬間に息絶える感じの死に方がしたいです。宇宙開闢ウン億年、そんな感じの死に方した人間がいたっていいでしょう。最近本当に背筋を伸ばして歩けなくなってきたので、普通に老人ホームとかにある歩行器が欲しくなります。

 

僕がラノベの挿絵をメインのオカズにしてた頃の話を書こうかなと思ってたんですが、やめます。

 

代わりの話題と言ってはなんですが、その昔、おちんぽ侍は何をしていたんでしょう?

 

きっと日々腰を使って勃起したちんぽを振り、「フンッ!! フンッ!!」と男らしく汗を流してたんでしょうね。僕とは大違いです。全裸で細マッチョ(当時の日本人は肉を食わないのが普通なのでそんなにガチムチにはなれなかったはず)の男が勃起ちんぽを振り回す様子には一種の芸術性さえ感じられます。彼らは彼らの敵を討つため、主への忠義を果たすため、妻子を守るために今日もちんぽを振り、己を虐め、鍛えるのです。その陰茎は交尾に最適化された従来の陰茎とは根本から異なります。攻撃し、破壊し、蹂躙するためだけに鍛えられた陰茎。いちゃらぶセックスを捨てた陰茎。兵器としての、陰茎。そこにあるのは、そういったモノです。ねえよそんなもん。

 

AV女優は詳しくなっても問題ないのに、男優を知ってしまうと「あ、この男優知ってる」となり急速になんか気分が落ち込んでいく現象に名前が欲しくなります。仮面ライダーやってた俳優がバラエティに出てると「あ、仮面ライダーなのに……」と思ってしまうみたいな感情です。要は、僕は俳優とキャラクターの区別がついてないんです。グラビア映像のキャッチコピーで「あの〇〇レンジャーのイエロー!」とかつけるのもやめて欲しいです。〇〇レンジャーのイエローの方をどんな目で見ればいいのか分からないじゃないですか、ええっ? 特撮を性的な目で見始めたら、後の人生完全に坂道ですよ。ありとあらゆるアニメを性的な目で見始めて、好きな作品ができる度にpixivでエロ絵を探すモンスターに成り果てますよ。そんな全身ペニス野郎に社会で何ができるんですか。子供達の未来を奪わないためにも、「今セックスしてる男優と、前に見たセックスしてる男優とは同一人物だけど演じてるキャラクターが違うから別人だよ」という教育を取り入れたほうがいいと思います。そうすることで、後々フォロワーの処女卒業報告を聞いても泣かなくなるメンタルが身につくのです。

 

バナナの家族ってなんなんでしょうね バナナパパのバナナとバナナママのマンゴーが組み合わさって新たなバナナとかマンゴーが生まれる訳でしょ 狂ってますよあの童謡